トランプ氏、少額支払いを行うNATO加盟国へのロシアの攻撃を奨励すると述べた

ホワイトハウスは、これらの言葉を「恐ろしく非現実的」と表現しました。 トランプは、2月24日に行われる共和党の大統領予備選挙の前に、南カロライナ州のコンウェイで開催された選挙運動の集会でこの発言をしました。

トランプは、明示されていないNATOの会議で、アメリカが「犯罪を犯す」国を守らないと述べたと主張しました。

「ある大国の首脳が立ち上がって、『では、支払いをしないでロシアから攻撃された場合、私たちは守ってもらえますか?』と言いました。私は '支払われていない、そうですか?'と言いました」- トランプ氏は述べ、次のように付け加えました:

「あなたを守りません。実際、彼らにやりたいことをやるように奨励します。支払わなければなりません。請求書を支払わなければなりません」

トランプのコメントについての質問に対して、ホワイトハウスの報道官であるアンドリュー・ベイツは次のように述べました:

「最も近い同盟国が血なまぐさい政権によって占領されることを奨励することは恐ろしく非現実的であり、アメリカの国家安全保障、世界の安定、および経済を危険にさらします」。

NATOは、2022年時点で、31か国のNATO加盟国のうち、7か国がこれらの義務を果たしたと発表しました。 2014年には、この数字は3か国でした。 2022年にロシアがウクライナを占領したことで、いくつかのNATO加盟国が軍事支出を増やしました。

日本のニュース通信社

 

facebook sharing button Facebook
twitter sharing button Tweeter
whatsapp sharing button Whatsapp