ボレル、ガザの空爆で命を落としたWCK職員を追悼

EUの外交・安全保障政策上級代表ボレルは、イスラエルによるガザの空爆で命を落としたWCK職員を追悼し、攻撃を非難して調査を求めました。

ボレルは、市民や人道支援従事者の保護に関するすべての要請にもかかわらず、新たな無実の犠牲者を目にしており、「これは、即時な停戦、完全な人道的アクセス、および国連安全保障理事会の決定で求められる市 民の強化された保護のすぐれた実施が必要であることを示しています」と述べました。

日本のニュース通信社

 

facebook sharing button Facebook
twitter sharing button Tweeter
whatsapp sharing button Whatsapp