ゲブレイエスス:ガザでの人道支援者の殺害に怒りを覚えています

WHO事務局長ゲブレイエススは、ガザでの人道支援者の殺害に怒りを覚えていると述べ、安全が命を救う支援を提供するための基本的な要件であると強調しました。

国際的な救援組織であるワールドセントラルキッチンのチームや家族に哀悼の意を表しながら、ゲブレイエススは「ガザの人道支援者の持続的な保護を再び求めます」と述べました。

日本のニュース通信社

 

facebook sharing button Facebook
twitter sharing button Tweeter
whatsapp sharing button Whatsapp