シーファ病院から退院した28人の早産児がエル・アリシュに転送されました

ゲブレイエスは、シーファ病院から退院した31人の早産児のうち28人がエル・アリシュに医療治療を受けるために転送されたことを強調し、「そこから12人の赤ちゃんがカイロに飛ばされました。 3人の赤ちゃんの治療は、ガザ地区南部のエミラティ病院で続けられています。 すべての赤ちゃんは重度の感染症やその他の疾患と戦っており、専門的な医療ケアが必要です。 WHOは、パレスチナ赤新月社と協力して誇りに思っています。」

日本のニュース通信社

 

facebook sharing button Facebook
twitter sharing button Tweeter
whatsapp sharing button Whatsapp